缶について

缶の豆知識を記載しております。


缶のジャンル

缶の種類も様々あります。

大きく分類すると、飲料缶、缶詰缶、18リットル缶、ドラム缶、一般缶の5種類に分けられます。

その中の「一般缶」は普段聞くことのない言葉ですが、日常のさまざまな用途に使われています。

(当社の作る缶は一般缶に属します)

一般缶  食品関連 お菓子、海苔、お茶、調味料など
化学関連 塗料、オイル、ワックス、エアゾールなど
雑貨関連 筆箱、スライドケース、貯金缶、バッチ、コースターなど
防災関連 保存食、ガスボンベなど

一般缶が出来上がるまで

(一般缶の基本的な流れ)

①製鉄会社 製銑、製鋼、圧延の行程を経てコイル状にします。
②材料会社

コイル状の材料をシート状にカットします。

③金属印刷会社 金属専門の印刷会社で塗装、印刷を行います。
④製缶会社

搬入された印刷済の板を裁断、プレス、製缶などの工程を踏み出来上がります。


材質について

鉄(スチール)を主成分とする一般缶の材質は大きく3つに分かれます。

TFS材

(ティン・フリー・スチール)

クロムメッキした材料。クロムメッキ処理鋼板とも言われます。

光沢感がないのが特徴です。

白塗装の上に印刷する場合に多く使用されています。

ET材、サテン材より安価になります。

ET材

(ぶりき)

錫メッキした材料。電気ぶりきとも言われます。

表面の錫の光沢感が特徴です。

メタリックを生かした印刷に適しています。

サテン材

ET材(ブリキ)の表面に梨地のような凹凸を付けた材料。

独特の風合いが特徴的です。

無地缶(印刷をしない缶)などにも多く使用されています。

上記種類に原板の厚み、調質、表面仕上げなどの様々な設定がされています。


金属印刷について

●印刷の種類

 当社の金属印刷の取り扱いは基本オフセット印刷方式による印刷になりますが、 その他の印刷方式を記載します。

オフセット印刷

金属印刷の一番取扱いの多い印刷方式で、仕上りが一番綺麗です。

油性インキを使用し、熱乾燥によって硬化させます。

通常、1色ごとに印刷を行い熱乾燥させます。

UV印刷

UVインキを紫外線で瞬時に硬化させることが特徴です。

一度に複数の色を印刷をすることも可能です。

但し、光沢感や製缶時の加工性は油性インキより劣るといわれています。

インクジェット印刷

インクジェットプリンターで印刷する方式です。

缶の印刷ではあまり使われていません。

小ロット対応向きですが、1枚あたりの印刷費用が高額な点と、形状によっては加工面で制限される場合があります。

シルク印刷

小ロットの1色刷りなどに適しています。

網点は不可で、小さいデザインや文字は潰れやすいですが、形成後の無地缶蓋の天面部にワンポイントで印刷することが多いです。

●金属印刷用語

金属印刷の工程は大まかに 塗装工程、印刷工程、ワックス工程に分類されます。

印刷

オフセット印刷では版を使い部分的に文字やデザインを印刷します。

基本はCMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)の4色を調整して色の表現を行います。

CMYKで安定した色の表現が難しい場合には特色を使います。

塗装

塗装ラインで印刷の下地やニスなどの板全面に塗布することを言います。

塗装はサイズ、ホワイトコーチング、ニスなどの塗料があります。

W/C(ホワイトコーチング)

白を板全面に塗布する場合に使用します。

うまく塗れないと印刷に影響を与えるため、非常に重要な作業になります。

白印刷

部分的に白を印刷する場合に使用します。

ホワイトコーチングと違い、白度を出すためには通常2~3回印刷を行います。

メタリック(透明印刷)

白を印刷していない部分の地金の光沢を生かした印刷のことを言います。

ブリキの特性を生かした高級感のある印刷が可能です。

サイズ

W/Cや印刷などの下地に塗布し、W/Cや印刷の密着を上げるものです。

引かない場合、加工時に印刷が捲れてしまう原因にもなります。

ニス(ラッカ)

錆防止や印刷面の保護として使用されます。

透明ニスや、一般的な金ニスから特殊な金ニスまで様々あります。

ワックス

加工性を上げるため塗るものです。但し、ものによってワックスは塗らない場合もあります。

専用のワックスラインで塗ります。


製缶について

スリッター

大板から切断する工程

2ピース缶

蓋と胴が二つのパーツで出来ている缶。
3ピース缶 蓋と胴と底の三つのパーツで出来ている缶。
ロックシーム

缶胴体部のつなぎ目(ハゼ)が、折り曲げてつなぎ合わせて出来ている缶。

溶接缶

缶胴体部のつなぎ目(ハゼ)が、溶接でつなぎ合わせている缶。

カール 胴体部や蓋の切り口を丸く加工している箇所。